検索
  • ハナレ軽井沢

牧舎みねむらの峯村牛のご紹介

HANALE KARUIZAWAでご提供させて頂く 牛肉の「峯村牛」ですがご賞味頂きましたでしょうか? 年間で約70頭しか生まれない、とても希少な峯村牛が味わえるレストランが HANALE KARUIZAWAの自慢の1つでもあります。

ご縁で出逢った峯村牛を この機会に是非ご一読頂き 皆さんの「美味しい肉を食べたい!」 そんな気持ちを満たすキッカケになればと思います。 #hanalekaruizawa #minemurabeef 牧舎みねむらさんは 1982年より30年以上続く畜産農家さん。 一般的に育てる場所と産まれた場所は別なところでやっているところが多い中、こちらでは産まれてから出荷まで一貫して育てております。 そして、1年間当たり70頭程しか産まれない希少な牛で、 無理に霜降りにする事なく、牛の事を考え、牛のために、牛が育ちやすい環境を整えることを常に考えて実践されている牧舎さん。 コンセプトは 「黒毛和牛を身近に」 正に、我々のレストランと同じ考え方をされています。 「高級だけどカジュアルに」 それ故にここのお肉を使わせていただいております。 農場HACCP認証を取っており、トレーサビリティ、放射能検査などしっかりと安全安心を追求しています。 それだけでなく、生産者の峯村さん自身が牛に対する愛情が溢れており お伺いした際も、昨日産まれた牛なんですー。と我が子を紹介する様な素敵な方でした。 標高900mの浅間山麓の豊かな自然の中でのびのびと育て、牛が不快にならない事を常に考えながら日々の作業に取り組んでいるそうです。 健康第一に考え、よく食べてよく寝る環境を作ることに注力し 牛たちに対しても、この牧場で生まれたことに後悔させないよう牧場にいる間は精一杯の愛情を注いでいるとのことでした! 牛に対する真摯な姿勢はもちろんのこと、 良質な牛ふん堆肥の循環で牛と地元の方が繋がれる牧場を目指しており餌となる水稲農家さんとの交換や、野菜農家、家庭菜園と幅広く連携しているそうです。 お肉の安全もさることながら、堆肥に対しても成分分析機関に1〜2年に1度依頼し堆肥の成分分析を行なっており、すべてに置いて徹底追及した品質を保っています。 こんな、 アツイ想いの牛肉 使わざるを得ない。 レストランの食の代弁者として、 「峯村牛」 推します! 脂のサシもそうですが 噛み締めた時の肉のジューシーさ 薪の香りに最高に合います。 峯村牛は、テイクアウトも可能でリンゴとナラの木で焼かせていただいております。 是非、ご賞味下さい! By Chef , Nobu Nakamichi #ハナレ軽井沢 #信州プレミアム牛 #牧舎みねむら #牧舎みねむらさんの牛かわいい #michelin #karuizawa #軽井沢 #地産地消




0回の閲覧

〒389-0104

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東31-15

TEL 050-3138-3196

Lunch:  11:00〜15:00 / L.O.13:00
Dinner: 17:00〜22:00 / L.O.20:00

Bar:19:30〜23:00

  • Facebookの - ブラックサークル
  • Instagramの - ブラックサークル

©2020 by HANALE KARUIZAWA